京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
1月2月3月4月6月8月9月10月11月12月




黒留袖(くろとめそで)
女性既婚者の第一礼装の黒留袖です。
写真では,はっきり見えない思いますが、染・刺繍・箔置き(京都)が、町人・武士・町並みに染と刺繍が巧妙に施され、職人さんがもと技を余すところなく施した逸品です。京染めの特徴で、一つの作品ができるために染、箔加工、刺繍各々専門の職人さんたちの手で作られていくのです。染色だけで出来上がる加賀友禅と、大きく違うところです。
黒留袖は紋が5つあります。色留袖には紋が1つ、3つ、5つと様々ですが、黒留袖に関しては5つが当たり前で最初から丸く紋の部分が白く抜けているのが普通です。
黒留袖
職人(無名)
京染め(手染め・手刺繍)
京都・都街並み風景
素材
正絹


「紋」の話
紋にはフォーマルのときにつける「紋」と、お洒落につける「お洒落紋」があります。加工の方法にも「抜き紋」、「縫い紋」の2種類あります。
各々の家には決まった「紋」があり、フォーマルな席に参加するときに、家紋と称して自分のきものに「紋」をつけるのです。
正式には紋は「5つ」(留袖や喪服などに)つけるのですが、色留袖や色無地のきものには用途に応じて、「3つ」「1つ」の紋をつけるのですが、今は「1つ」だけ紋をつけられる方が多いようです。
紋をつけてしまうと、あまりに正装になるような気がするからと、紋を抜いてしまう「抜き紋」でなく、きものと同色か共薄の糸で縫い紋を希望される方もいらっしゃいます。つまり良く見たら紋がついてるんだというように。
「お洒落紋」ですが、これは家紋には関係なく、歌舞伎が好きな人は ごひいきの歌舞伎役者さんの紋をつけたり、お茶をされていられる方などは、家紋が余りに男紋というか堅いイメージがあるからと、いろんな紋の中から自分の好みの紋を探してきてつけられる方もいらっしゃいます。
紋に関して、昔は買い求めたところ(実家・嫁ぎ先)の紋をつけるのが当たり前でした。今は嫁ぎ先の紋を入れられる方もいらっしゃるようです。
どちらの紋をつけてもかまわないのですが、昔は、お嫁さんになって嫁いでいくときに、実家の親が、実家の紋をつけたきものを沢山もたせたものなのです。理由は、嫁ぎ先で、娘が生活に困ったときに、実家から持たされたきものは娘のものだから、売って生活のたしにすることができたからです。
(嫁ぎ先の紋がついているきものを売るのはほんとに切羽詰ってから)
だから紋一つをとってもほんとはちゃんと意味があって、大切なんですから、できることならば、正装のきものにつける紋に関しては、買っていただいた方の紋を、おつけになることをお勧めします。(誰に買っていただいたかわかるわけですからね。)




 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物