京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


礼法あれこれ
若い人のフォーマル

成人式・謝恩会・結婚式に

 自分らしさを着物で表現する初めてのチャンス
 
振り袖は、成人式、謝恩会、結婚式、披露宴、表彰式、新年会、初釜などの改まった式典やパーティーのときに、未婚の女性が着る華麗な着物です。
 模様は昔の小袖や打ち掛けの柄を基にした古典的な総絵羽模様が多く、染めや繍いの粋を尽くした豪華な美術工芸品の衣装です。

  それだけに個性的な着こなしは難しいのですが、自分らしく装うためには、好きな地色、好きな柄を選びましょう。そのうえで、色と柄がより強調されて目立つような帯や小物をたしていきます。
 帯は丸帯か袋帯を合わせますが、着物の中の柄の一つを帯の柄にするか、着物の色と同じ色の帯にするか、なるべく全体を単純にします。例えば、着物の柄の中に扇があれば、帯に扇面を。着物に金彩がたくさん入っていれば、帯は金地を使うなど、柄の反復作用か、色の重なりで多彩な色を整理すると、わかりやすい装いになり、個性が際立ってきます。

  ロングドレスのように見せるコーディネートのこつは、振袖の色と柄に溶け込む帯を合わせること。着物と帯の境界は、小物使いではっきりさせることがポイントです。伊達襟、帯揚げ、帯締めなどの色を、口紅やアイラインを引く要領で彩れば、とても個性的な着こなしになります。
 振袖の袖丈の長さは身長に合わせて選ぶのではなく、着る場に合わせて格付けされています。大振袖は結婚式の式服。振袖は花嫁のお色直しや、一般の式典用。中振袖は訪問着の代わりとして披露宴や新年会、初釜などに。小振袖は付けさげと同じ場所に晴れ着として用い、初詣でや初出勤などに着ます。区別して着こなすのが本格派の着こなしといえましょう。


卒業式
紋付きの振り袖や袴姿で襟を正して

  袴姿は、3月の雛祭りでご存じのように宮中の女官の装いでした。明治時代、まだ洋服が普及していないころ、女学生や女教師の制服として袴が決められてから、女袴のスタイルが一般的になりました。
 その当時の女学生の袴は、紺地か海老茶色のサージと呼ぶウール地のもので、古代紫は女教師のものでした。宝塚少女歌劇団ができて、制服に用いられた色はグリーンの袴です。熱狂的なファンの間ではグリーンの袴が流行しました。ふだんには編み上げの靴、式典のときなど改まったときは草履を履きました。
 女袴は男袴に代表される馬乗り仕立てではなく、襠のない袋袴とも言われる行灯形式の仕立てです。

 卒業式には紋付きの着物を着ます。縮緬や綸子の色無地に五つ紋を染め抜いたものが正式ですが、三つ紋、一つ紋でもかまいません。無地ばかりでなく、友禅の振袖を合わせても袖の模様が華やかで素敵です。最近は謝恩会が同日に催されるので、振袖を着る方が多いようです。袴も無地だけでなく、ぼかしなどもよいでしょう。
 葬儀に参列する場合は、黒無地の五つ紋の喪服に紺の袴を付けます。
 袴下の帯は、半幅帯か無地や縞、紋織の博多帯の小袋帯を使います。一文字に結んで、袴紐でしっかり括り、袴がずり落ちないようにします。
 足袋は、足首を隠すために深いものがよいので、五枚こはぜを用います。袴丈は短めにすると、きりりと引き締まって活動的に感じられます。草履は高めの無地が足元を美しく見せます。










 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物