京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


礼法あれこれ
不祝儀のフォーマル

告別式・通夜の喪服

 黒無地羽二重か縮緬のの五つ紋付きに黒無地の紋織袋帯か名古屋帯
地方や家柄、又は仏教か神道により習慣が違うことがありますが、不祝儀の正装、特に告別式ではどの立場の参列者も黒無地の五つ紋付きの着物を着ます。
 そして帯、帯揚げ、帯締め、草履、ハンドバックは黒で統一し、長襦袢、半襟、足袋は白、扇子は黒骨に白か黒が張ってあるものを用います。近親者は、喪服期間中の行事には、正装の黒喪服を装います。

 生地は地紋のない縮緬か羽二重です。縮緬はその独特のしぼでしっとりと肌になじみ女性的。羽二重は男物の紋付きに使用される生地と同じものなので、光沢があり、硬く張った感じは男性的と言えるでしょう。
 どちらの生地を選んでもよいのですが、昔からの言い伝えによると縮緬は関西、羽二重は関東といいます。
 婚礼の準備として持参するときは、婚家先の習慣に従って揃えるとよいでしょう。二枚重ねで着る習慣、喪が重ならないよう一枚で着る習慣など、しきたりを守った着方に従います。

 帯は黒無地の紋織で、繻子か緞子の袋帯か名古屋帯を締めます。地紋は梵字、般若心経、仏語禅句、紗綾形、仏具紋などがあり、黒漆糸の入っているものもあります。また、自家の紋を別織りしてもらうこともあります。
 長襦袢は綸子の白を用います。地紋は紗綾形、流水、雲、松葉、ムジナ菊などを使い、吉祥紋は避けます。袖無双、胴単衣の仕立て方で春、秋、冬を一枚で。
 半襟は地紋のない塩瀬羽二重の白を。肌着裾よけも白にします。
 帯揚げは絞りと綸子があります。縮緬の喪服には絞り、羽二重の喪服には綸子が合います。

 帯締めは昔風に着るなら丸ぐけ、現代風に着るなら組み紐があります。現代は組み紐が多く使われているようです。
 草履やハンドバックは、布製の黒か、つや消しのエナメルの黒を。普通の革は光るので避けます。

 仏式の葬儀には、数珠が必要です。弔事では弔う心が大切ですから、メイクアップ、髪型なども控えめに気を配ります。


通夜・法事の略喪服(色喪服)
 
地味な色無地や極形江戸小紋の紋付きで
 告別式の前夜の通夜は、一晩中香をたいて死者を守る目的があり、葬儀とは異なります。昔風の考え方では、喪主も親族もこの夜はまだ半喪服を着ます。
 半喪服とは、色無地や地味な小紋に、帯、帯揚げ、帯締めなど着物以外のものを喪色の黒などで統一して装う略喪服(色喪服)の事です。
 最近では通夜を自宅でなく、葬儀場や寺院で行うこともしばしばあり、黒喪服で参列される方も多くなりました。
 喪主、親族は初七日、五七忌、七七忌、百日忌、一年忌と続く喪服期間は、納骨式を含めて黒喪服を着ます。略喪服を着るのは三回忌もしくは七回忌くらいからのほうがよいでしょう。

 喪主以外の参列者は、告別式以外の通夜、法事などでは略喪服でかまいません。
 略喪服は色無地か、地味な小紋の着物にします。色は、ねず、紫、緑、茶などの色目から選び、若い人でも赤系統は避け、地味な色にします。
 生地は地紋のない縮緬か紬、光沢の少ない紋綸子を選びます。地紋は紗綾形、流水、割り付け紋、雲形などの抽象的な柄の中から選び、吉祥紋は避けます。
 裾回しの色は、着物の生地と同色にして、色を変えない方がよいでしょう。
 帯、長襦袢、小物類は、黒喪服用のものを、そのまま転用して使いますが、略喪服の場合は帯や帯揚げ、帯締めに色を使ってもかまいません。もちろんその場合は地味な色を選びます。

 帯を染め帯にする場合、法要の季節に合わせた図柄や、梵字や墨絵の風景などは情緒がありよいものです。染め帯を締めるとつつましい中にもゆとりのあるおしゃれな装いになります。

 帯揚げも薄墨色や薄紫などをさりげなく使うのも品があります。帯締めは組み紐を使いますが、これも着物の地色と同色にすると美しい着こなしになります。
 全身が地味とはいえ、略喪服は色ものになります。黒の分量が少なくなるので、季節によっては黒無地の紋付き羽織、又はコートを着るのもよいでしょう。
 年輩の方は、特に羽織姿が優しく落ち着いて見えます。

 羽織の帯山の高さに比べて、半分くらいうなじから突き出たように襟を抜くと、品のよい装いになります。紋の約束事とおしゃれ
 紋には正式な家紋とおしゃれ用の飾り紋があります。
 家紋は、他家と区別するための自家の紋。発生は平安時代ですが、鎌倉時代、戦場での識別という目的で用いられ、江戸時代になって、武家社会の中で格式化するとともに、紋付きの着物は公的、儀礼的な意味をもつようになりました。

 紋の形は、動・植物紋、器物紋、天文、地理紋、模様紋など多岐にわたっています。

 紋の表し方もさまざまで、江戸時代には背中一杯に紋を刺繍したり、両袖に大きく染めたりしたことも。デザインとして思いっきり遊んだその表し方は、今ではかえって新鮮です。このように紋を「遊び」の感覚で用いる場合も、現在の「正式」な紋の扱いを知っておきたいものです。










 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物