京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


礼法あれこれ
七五三の祝いの着物

女児は肩上げした四つ身。
3才児は被布を付けて。男児は羽織・袴


 通称七五三の儀式は、3歳の幼児が初めて頭髪を伸ばす髪置き、5歳の男子を祝う袴着、7歳の子供が付け紐をとり本裁ちの長着を着て初めて帯を締めて祝う帯解き(帯祝い、紐落としとも言う)と、子供の成長を祝う行事です。

  室町時代に始まり、江戸時代になってから11月15日を吉日にして、庶民の生活の中で育まれてきました。
 室町時代は女児は2歳、4歳、6歳に、男児より1年早く祝い、4歳が帯解き、6歳が紅色袴を付ける袴着の祝いだったようで、現在とは多少違っていました。しかし、産土神(氏神)に詣でで成長を感謝、祈願し、家族で祝い膳を囲む行事に変わりありません。

  子供の着物には、一つ身(1・2歳)、三つ身(3・4歳)、四つ身(4〜10歳)、本裁ち四つ身(7〜12歳)の仕立て方があります。
 成長に合わせて着られるよう布地を経済的に使うばかりでなく、着る子供の身長を考えて仕立て方を決めます。着丈は裄の約2倍と考えてください。

  3才児は着て重すぎぬよう考えて選びます。特に帯は軽い飾り帯にします。被布を着る場合は兵児帯で済みます。
 5才児は黒羽二重無地に五つ紋付きの着物と羽織りに縞袴を組み合わせた、最も厳格な式服の一揃いか、変わり色無地の一揃い、熨斗目模様の華やかな着物と羽織に紋織の袴などの一揃いを選びます。家紋を染め抜くなら、無地の羽二重がどっしりしてよいでしょう。 7歳の女児の着物は、絵羽模様染め、絞りに友禅が入ったもの、箔、刺繍、染め、友禅着尺、無地と、成人式と変わらないほどたくさんの種類があります。

  7歳の祝いの後、お正月や茶席にと、成人式までに何回か着るなら本裁ち四つ身で仕立てましょう。
 帯は中幅の袋帯を選ぶと、成人してからは袴下の帯や普段用の帯に使うことができます。










 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物