京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


礼法あれこれ
ディナー形式の会

主賓・招待客に近年流行の色留袖

 色留袖も本来は式服です。式服として着る場合は、正式の紋所を五カ所に付けて、白羽二重の下着を重ねます。

 昔は正月の年賀に色留袖を着て改まる習慣がありました。このときは白羽二重の下着ではなく、着物と同色か同系統の濃淡色のものを組み合わせて着られていたようです。
 上流階級の晴れ着の着付けは、同色、同柄の2枚の色留袖を重ねて着ました。そのうち、重い、贅沢、無駄、着にくいなどと言われるようになり、比翼仕立てや伊達襟が考え出され、その着付けは今日に至っております。

  大正年間に式服例が決まり、色留袖は宮中の行事や公家の行事に第一礼装として用いられるようになり、一般に着ることが少なくなりました。ところが最近になって宮中晩餐会や園遊会がテレビや雑誌で報道されるようになると、再び一般人も色留袖を着るようになりました。
 色留袖は黒留袖よりも訪問着に近い華やかさがあり、その美しい地色は披露宴などの宴会場を明るく彩ります。

  そこで結婚式に招かれた場合も、披露宴のみに参加する主賓を始め、多くの人々の間で色留袖を着て行くことが流行しています。これはまた、親族以外の立場を表すことにもなり、社交上便利なときもあります。

  ディナーパーティや各種のパーティにも幅広く社交服として着ようとなさる方は、紋を五つ紋とせず、背と両胸、又は背のみ一つ紋にするとよいでしょう。白羽二重の下着も省略し、伊達襟を組み合わせます。

 色留袖の模様は黒留袖に準じた品格のある重々しいものばかりでなく、訪問着ににた軽やかな草花模様もあり、これら多目的に着られる方に向きます。
 帯は丸帯か袋帯を合わせ、帯揚げ、帯締めは結婚式の披露宴には白、ほかの場合は色もの。宮中に参内するときは白を用います。










 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物