京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


着物周りの小物
半襟 帯揚げ・帯締め 帯留め


半襟

半襟/白
 白い半襟はどんな色の着物にもマッチします
 下に重ねたきものの襟が、髪の毛や首まわりの肌で汚れることが多く、襟の半分の面積の替え襟をかけたことから「半襟」が誕生しました。そしてさらに白い半襟が一般的になったのは昭和40年代です。
 白い半襟は晴れ着用として、ここ一番という祝いのときにしか用いませんでした。
 結婚式、入学式、卒業式、告別式などに着る式服用に必ず用いたのが、白い半襟です。
 儀式的な改まった感じ、そして清潔な雰囲気を醸し出すものが白い半襟の魅力ですが、もう一つ大切な役目があります。それは首のまわりに白があることで、顔全体に輝きが生まれることです。
 女優さんたちをより美しく撮るポートレート写真に、光を間接的に当てる白いレフ版というのをカメラマンは使います。この作用で肌のきめが細かく見え、顔に艶が出ます。そのレフ板の役目を白い半襟は備えていることになります。

  さて一口に白と言っても素材はいろいろ。縮緬は袷の時期だけ、塩瀬は夏以外は一年中使いますが、どちらかといえば春向きです。単衣の着物には、たてしぼ、絽縮緬が肌に爽やか。絽の着物には絽の半襟、朝には朝の半襟、社に覇者の半襟又は絽の半襟をつけると、着物も生き生きとしてきます。
 袷の着物には他に東雲(しののめ)、綸子、明雲、膨れ織り、唐織り、紋意匠縮緬があり、礼装用には塩瀬の半襟を使うのが今は一般的です。


半襟 色襟・重ね襟
 アクセサリー感覚で選ぶ色襟と重ね襟 着物だけで過ごしていた時代は、白半襟はよそいき用、色半襟はふだん用という扱いでしたが、最近は華やかなブラウスの襟やスカーフのように、半襟もお洒落感覚のものが多くなりました。
 着物の襟の間から、ほんのわずかの量しかでていない半襟なのに、その演出効果には目をみはるものがあります。洋服で言うとネクタイと同じような役割を持っていますから半襟の色選びは大事です。 


色半襟の選び方
 色無地半襟はたいていの着物と調和しますが、着物が濃い場合は淡い色、淡い色の場合は同色の濃い色というように合わせると色のハーモニーがよいようです。
 小紋や友禅染め、絞りの半襟は紬の着物に合います。絣や縞、格子や絵絣の着物に、また濃い地色の無地の着物には、友禅染めの色半襟が個性的です。
 また礼装用に箔小紋や唐織りの色半襟がありますが、振り袖に合わせると華やかさが強調できます。刺繍半襟も織りの着物に合い、たっぷりと量を見せた着こなしが美しいものです。

重ね襟
 礼装のとき、幸せを願って二枚重ねる、比翼重ねの簡略化が重ね襟(伊達襟)ですから、本来は礼装用、又は晴れ着用として用いるのが常識ですが、重ね襟を華やかさのアクセントとして考えるのが最近の流行。帯揚げや帯締めと色を合わせると失敗しません。





帯揚げ・帯締め

きもの全体のバランスをとる大切な小物です
 アンティークなきものや帯をみにつけることが一時流行しました。そのとき帯揚げと帯締めだけを新しいものにしている人には、新鮮な着物の着こなしとして目を奪われましたすが、小物もすべて古いものになると、どこかうす汚れた感じをもつ場合もありました。

  洋服でも、ハンドバックや靴が新しいと、古いスーツも見違えるほど生き生きとしたものになります。小物は見える面積は小さいけれど、用い方によっては、着物全体のバランスの浮沈を決めてしまいます。
 着物と帯を秋も冬も、そして春も同じものを着たいと思ったとき、秋は枯れ葉色、冬は質のいいもの、春は柔らかい色を帯揚げや帯締めに持ってくると、着物の雰囲気が一変します。

  着物と帯で季節を取りこめないときは、その時季の色、例えば空の色、海の色、花の色を帯揚げや帯締めに持ってくると、着物姿が清々しくなります。

  帯揚げと帯締めは、帯の形を美しくするための道具なのですが、それと同時に総仕上げのポイントでもあります。帯揚げは帯枕にのせるだけと思われているかもしれませんが、帯枕で形作ったお太鼓の山を正しく帯揚げを入れることによって、しわもとってさらにきれいにします。
着物と帯の間にふんわりと結んでいれる帯揚げは、実は前側より、脇からの方がよく見えるものです。飛び絞りの帯揚げを使ったとき脇の部分だけ絞りが見えるという演出もなかなか心憎いものです。帯締めは帯を形作ったあと、その形が壊れないように押さえるものですから、丈夫であると同時に美しくなければなりません。力仕事をしながら、あでやかにふるまうという役目を持たされているので、二つの役をきちんとこなせるものを選ぶ必要があります。

  帯が崩れて着たり、またズルズルと落ちてくるのは、帯締めの質が悪いことが多いのです。手組のしっかりしたものを使えば帯は常にいい形を保てるものです。


☆帯揚げと帯締めの色合わせ
 帯揚げと帯締めを同色にすることが多いのですが、このコーディネートは着物と帯だけをめだたたせてしまいます。着物姿が重くなりがちです。
 着物をめだたたせるのか、帯を引き立てるのか、又は全体を見せたいのか、着物を着る人はこの三つの表し方をよく考えなければなりません。
 まず全体をいい感じに見せたいのなら、例えば紺地の着物の場合、帯びは着物と対照的な白か朱、そうすると帯揚げは帯と同色濃淡で、帯締めが着物の地色というのが基本。これは着物と帯の色以外あまり使わずに全体をすっきりさせるという組み合わせです。
 帯だけ目立たせる場合は、帯締めを帯と同色濃淡、着物を目立たせるときは、帯、帯揚げ、帯締めを同じ系統の色にします。  


☆帯揚げのいろいろ
◎優しい着こなしをしたいとき
 着物の中から一色を選び、その色の中で一番淡い色の帯揚げを合わせると胸元に優しさが出ます。着物と帯の間の境目が柔らかくなれば優しい雰囲気が漂います。
 綸子地の無地、綸子地に染めた飛び絞りの帯揚げ、ぼかし染め、又は少し金彩の入った生地が柔らかく見えます。
 総絞りのものも、淡い色のものは優しく見えるのですが、ボリュームがあり過ぎるので細みの方でないと優しさを表現するのは無理かもしれません。

◎粋で個性を重んじたいとき
 渋味のある色を生かせれば粋になり、着物と帯から全く離れた強い色の帯揚げにすると個性的な装いとなります。
 生地は一越縮緬、綸子、門意匠縮緬、緞子があり、柄や色には、総絞り、飛び絞り、悠然、小紋、ぼかし染め、ぼかし友禅染めが代表的です。
 粋に装うときには、帯の色の中から一色さび色をもってくると落ち着いた感じになりますが、このとき帯締めは心持ち細いもの、そして帯びは低めに結ぶのがコツ。

◎個性的な装いにしたいとき
 スカーフによく使う色、エメラルドグリーン、コバルトブルーなどさえた色の帯揚げを使うとハッとするほど引き立ちます。
 ただし、このときの帯揚げの処理は帯の色の中に入れてしまう方が効果的です。脇から見える色の演出を考えます。


☆帯締めのいろいろ
 糸と糸との組み合わせで、あれだけいろいろな変化に富んだ帯締めができることが驚異的です。日本だけにしかない手工芸ではないでしょうか。組紐技術は、中国・朝鮮から日本にわたって来たといわれていますが、今では日本独特のものとなっています。
 組紐の発達は仏教と深いかかわりがあり、お経の巻物の緒、袈裟、数珠、そして高官の冠に着ける紐、守り袋の紐、茶道に使う紐、鎧の紐と古代からハイクラスの人だけが身につけていたものでした。

 女性がこの組紐を帯締めとして用いるようになったのは明治の終わりごろで、それまでは「丸ぐけ」といって布に綿を入れてくけた紐を帯に締めていたのです。
 帯締めとしての歴史は浅いけれど、組紐の歴史は有史以前よりあり、しかも常にハイクラスの世界で大切にされていましたから、組紐はそれだけで格調もあり、種類も多いのです。
 平らに組まれた平打ちと、丸く組まれた丸打ちの二つが代表的で、平打ちには、高麗、彩竹、源氏、貝の口、重打、内記、角朝、平唐、笹波、平源氏があります。
 丸打ちには冠組(揺るぎ)、丸源氏、四津、八津、唐打ち、新揺るぎなど、書き出したらきりがないほど種類が多いのです。

 組目が密で固く、一番高級といわれたいるのが高麗で、冠につけた柔らかくて結びやすい冠組(ゆるぎ)と位の高いものを結んだ紐が、今でも礼装用の帯締めとなります。





帯留め

髪飾り・襟飾り・根付け
 地方によっては帯を締める組紐のことを、帯留めと呼ぶ所がありますが、組紐は帯締め、その帯締めを飾る細工物、彫金や彫刻、宝石や金具類のことを帯留めと呼びます。
 帯留めの発達は明治に入ってから。佩刀(はいとう)禁止令が明治9年に発令されたのですが、そのとき不要になった小柄(刀の鞘についている小刀)や目貫(刀身と柄を止める金具)を帯締めに通して飾るのが流行しました。そういう細工を加工していた職人も失職したため、一気に帯留め細工職人となって、帯締めには必ず帯留めをするもの、というくらいに大流行になりました。

  明治の帯留めは刀細工の職人が作っていたので、技術的にも精密で美術品が主流でしたが、大正に入ると、花の12カ月、四季の野菜、又は十二支の干支などを形作ったユーモラスなものが登場し、帯留めがにわかに庶民的になり、細工も大きく、帯より帯留めの方が主役になった時期もあります。
 素材は、象牙、珊瑚、七宝、彫金が最も多く、小柄や目貫を細工していた職人の技ですから美術品としても珍重されました。
 宝石をちりばめた洋風の物は、大正時代、西洋からブローチなどのアクセサリーが輸入されたことで刺激されたものです。
 この帯留めをよりよく見せるために、二分紐、三分紐という細い帯締めが組まれ、後ろでフック式の金具で留める「パチン留め」も流行しましたが、今ではあまり見かけません。 帯留め細工の発達は、根付けや襟飾り、帯を飾るブラ、髪飾りにまで影響して、まるで現在のネックレスやブレスレットのように、楽しめるアクセサリーが着物の世界にもたくさんあるのです。

  季節のものを帯留めで表現する楽しさがありますが、花の帯には同じ花か葉や自然のテーマのもの、幾何学的な柄の帯にも花の帯留めが映えます。礼装用は宝石類ですが、金銀蒔絵のようなものもよく合います。






 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物