京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


礼装としての着物
通夜・法事 紋の種類 男のきもの


通夜・法事

通夜・法事の略喪服(色喪服)
地味な色無地や極形江戸小紋の紋付きで


 告別式の前夜の通夜は、一晩中香をたいて死者を守る目的があり、葬儀とは異なります。昔風の考え方では、喪主も親族もこの夜はまだ半喪服を着ます。
 半喪服とは、色無地や地味な小紋に、帯、帯揚げ、帯締めなど着物以外のものを喪色の黒などで統一して装う略喪服(色喪服)の事です。
 最近では通夜を自宅でなく、葬儀場や寺院で行うこともしばしばあり、黒喪服で参列される方も多くなりました。

  喪主、親族は初七日、五七忌、七七忌、百日忌、一年忌と続く喪服期間は、納骨式を含めて黒喪服を着ます。略喪服を着るのは三回忌もしくは七回忌くらいからのほうがよいでしょう。
 喪主以外の参列者は、告別式以外の通夜、法事などでは略喪服でかまいません。
 略喪服は色無地か、地味な小紋の着物にします。色は、ねず、紫、緑、茶などの色目から選び、若い人でも赤系統は避け、地味な色にします。
 生地は地紋のない縮緬か紬、光沢の少ない紋綸子を選びます。地紋は紗綾形、流水、割り付け紋、雲形などの抽象的な柄の中から選び、吉祥紋は避けます。
 裾回しの色は、着物の生地と同色にして、色を変えない方がよいでしょう。
 帯、長襦袢、小物類は、黒喪服用のものを、そのまま転用して使いますが、略喪服の場合は帯や帯揚げ、帯締めに色を使ってもかまいません。もちろんその場合は地味な色を選びます。
 帯を染め帯にする場合、法要の季節に合わせた図柄や、梵字や墨絵の風景などは情緒がありよいものです。染め帯を締めるとつつましい中にもゆとりのあるおしゃれな装いになります。
 帯揚げも薄墨色や薄紫などをさりげなく使うのも品があります。帯締めは組み紐を使いますが、これも着物の地色と同色にすると美しい着こなしになります。

  全身が地味とはいえ、略喪服は色ものになります。黒の分量が少なくなるので、季節によっては黒無地の紋付き羽織、又はコートを着るのもよいでしょう。
 年輩の方は、特に羽織姿が優しく落ち着いて見えます。
 羽織の帯山の高さに比べて、半分くらいうなじから突き出たように襟を抜くと、品のよい装いになります





紋の種類

(染め抜紋)
  紋を白く抜く日向紋は表紋とも呼ばれ、一番格が高く、男女とも正装用に用いられます。黒留袖、色留袖、男性の黒羽二重には、背中、両外袖、左右の胸に一つずつはいる五つ紋の染め抜き。三つ紋は胸二つに背一つ、一つ紋は背だけとなり、数が多いほど格が高くなります。
 紋の大きさは女性の場合は五分五厘(約一.八センチ)男性で九分か一寸(約三センチ)です。
 同じ染め抜紋でも、紋を線描きする陰紋は略式。地方によっては、仏事のときに陰紋をつける習わしのあるところもあります。

(染め紋)
  代表的なものが加賀紋。本来は加賀五彩(藍・臙脂・紫・黄土・緑)を使って友禅染めした色つき紋を加賀紋と呼んでいましたが、最近はもっとカラフルになっています。染め抜紋より略式で、ずっとおしゃれ感覚の強いものなので、大きさも小さいものから柄のように大きなものまで自由。花の柄が一般的で、無地の着物などにあしらうと華やかになります。着物の地色が薄い場合、「刷り込み紋」を用いることもあります。

(縫い紋)
  染め抜紋より略式ですが、男性の縫い紋は正式の場にも通用します。茶席などで愛用され、紋の数は三つ紋か一つ紋。おしゃれに装うときは色彩の華やかな刺繍も楽しいものですが、略礼装としては、着物の地色と同色濃淡の糸を使うのが一般的。
 家紋は婚家先の物を使うのが一般的ですが、女紋といって嫁入り道具に実家の母方の紋をつけ、嫁いだ後もその紋を用いる場合もあります。





男のきもの

正装は五つ紋付き無地に羽織・袴
準礼装には紬などの袴。お洒落着は紬や木綿


 男性の礼装が羽二重の黒無地に染め抜きの五つ紋、そして羽織りと平織り(仙台平・五泉平・西陣平)の袴(縞)を付けるように定められたのは明治政府が誕生してからのことです。
 文明開化を急いだ明治時代は、政府高官の礼装を、フロックコート、モーニングコートも上着は黒かそれに近い濃い色、そして下のズボンも縞と決まっていますので、和装にもその色と柄を取り入れたのではないでしょうか。

  ですから男性の着物の礼装はフロックコート、モーニングコートと同格ということになります。 着方は、白重ねを着て、あとは白と黒でまとめられます。男性の礼装は慶事・凶事両用ですから効率的です。
 洋装のディナースーツにあたるものは、色無地のお召しや結城紬の着物に一つ紋(縫い紋)を付け、袴は無地のお召しや平織りの無地、又は結城の無地です。
 正式に羽織りを付けるのは、武士社会の時代からです。陣羽織などが戦場の服装となった習慣から、羽織りを必ず付けるのが義務づけられていました。

  袴の紐の結び方も、結婚式など正装のときは十文字結びとなりますが、後の場合は一文字結びをします。十文字結びを通常の場所ですることは、かえって場違いと考えてください。
 ブラックスーツと同格に考えられるのはお召しや紬の無地の一つ紋、又は無紋にお召しや紬の袴の装い。この場合場所によっては羽織りなしでもかまいません。

  準礼装として、結婚式や年上、上役などの目上の人が多い会では、羽織りを付けますが、一般的なパーティーや会には袴さえ付けていれば礼を失することにはなりません。
 ブレザーコートの装いにあたるのは縞や絣の着物に無地の袴。羽織りは付けなくても良いです。

  目上の方が多い場合はやはり羽織りが必要ですが、知人、友人の集まりでは、羽織りを外す方がすっきりとして相手に威圧感を与えません。

  夏の礼装は、絹の黒無地に染め抜き五つ紋の羽織りと着物、紗の縞の袴を付けます。 素材が変わるだけで、色や柄は同じです。旅、半襟、羽織り紐は白、長襦袢も白です。
 ディナースーツの場合は、色無地一つ紋に翠紗などの無地の袴、羽織りは着物と色違いの物が、かえってお洒落。小物は礼装と同じです。

  絣や縞の着物を着流しで着るときは、洋服ならセーターとスラックスという雰囲気のときです。
Tシャツの上に着たり、ベストを重ねたり、自由な感覚で楽しむのもお洒落です。






 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物