京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


遊び着としての着物
染め 織り



染め

染めの着物なら小紋・更紗・絞り・臈纈

 決まり事にこだわらず、楽しみながら自分流に楽しさを表現する、それが遊び着の心意気。
 フォーマル向きと思いがちな染めの着物にも、ワンピースのような雰囲気のものもあり、プライベートタイムにも活用できます。

(小紋)
 裃小紋(江戸時代の武士の袴用小紋)以外の江戸小紋は、すべて遊び心を満たしてくれるもの。「火の用心」の文字を染めた小紋と材木の柄を染めた帯の組み合わせなどはその典型です。
 小紋柄のおもしろさは、柄に隠されたストーリーとそれを受ける帯が着物姿に一つの物語を作るところにもあります。小紋の着物は文学の素養、絵画の知識があると、より深く味わえます。
 友人同士の小パーティー、お稽古事の発表会、着物での集まりなどに会話が弾むのが小紋です。

(更紗)
 異国情緒豊かな更紗模様は、柄自体に個性があるので、着る人の感性が求められます。
 更紗模様の着物は自然の中で一段と映えますが、反対に近代的な空間にも、不思議としっくり似合う着物です。

(絞り)
 豪華な総絞りは、江戸時代に度々着ることを禁止する禁令が出されたほど、贅沢な着物でした。そのため、長い間「普段着」扱いされていましたが、今では晴れ着としても、お洒落着としても使える重宝な着物になっています。
 ドレッシーな雰囲気なので、音楽会、バレエの鑑賞など、優雅な場所に着て行くのにふさわしい遊び着です。

(臈纈)
 クラッシックな雰囲気とモダンな雰囲気を合わせ持つのが臈纈染めの着物です。
 大ぶりの模様が多いため、パーティーや気の張る招待を受けるときには、どちらかといえば不向き。着る人自身が楽しみながら、普段の生活に取り入れ、洋風感覚で独特の柄ゆきを楽しみましょう。





織り

織りの着物なら縞や格子・絣模様など

 先染めの織りの着物には、実にいろいろな柄があります。糸の色が違うだけで、同じ縞柄でも雰囲気が変わり、織り手が変われば、また微妙に味が違ってくるのも「手で織ること」のおもしろさです。

 織りの着物は、長襦袢の色、八掛や振りの色を利かせやすいのでコーディネートを自分流に楽しみ、プライベートタイムのおしゃれ感覚を充分に生かせます。 

《縞》
 織り手の言葉に「縞に始まって縞に終わる」というものがあるほど、縞の織りは複雑。縞にはひと幅に何本と計算されて織られたものと、色糸を多く使い、自由自在に織られたものがあります。
 大名縞、鰹縞、子持ち縞、抱き縞など名前の付いている物は計算されて織られた物。その縞の味を生かすため、カチッと堅い感じに装います。
 伸びやかに織り上げた自然な感じの縞は、自由な着こなしが似合います。帯合わせも、帯び結びも、通常とは一味違う方が、その縞の味が生きてくるようです。
 織りの縞は、粋に着るより活動的に健康的に、そしてさわやかさを心掛けて着こなすことが大切。

《格子》
 格子は縦と横に線があり、縞よりさらに遊び心の強い着物です。格子の着物はチェックの洋服のつもりで着れば、さほど難しくはありません。
 格子をうまく着こなすこつは、帯は無地、長襦袢は小紋、裾回しは無地にして、帯揚げと帯締めをアクセントにして使うこと。帯締めも格子の着物を引き立てる小道具です。小さな格子なら柄の帯でも合いますが、長襦袢は無地にした方がバランスが良くなります。  

《絣》
 モダンな絣、細かい絣、絵のような絣など絣模様は多種多様です。大きい絣模様は砕けた感じを表現します。着物と帯の地色をできるだけ離した反対色にして、きっぱりと着こなします。おしゃれ感覚の細かい絣はドレッシーな雰囲気をもっているので、袋帯などと合わせて夜の遊び着、又はお呼ばれの席などに着て行くことができます。旅行着は軽く皺になりにくい素材を

 着物で出掛ける旅は、国内でも国外でも楽しさが倍増します。着物の話から土地の人と親しくなる機会を得ることはよくあること。それ以上に着物の旅は自然に穏やかな気持ちになり、新しい自分発見の旅にもなりそうです。
 旅には軽い素材の着物と帯が最適。着物の色はモノトーンがどんな風景にも良くマッチします

《結城紬》
 皺になりにくく、軽いので最高の旅行着。結城紬は、三日間着続けても常にシャキッとした風合いを保てます。外国に出れば着物は常に街着でよそ行き着。紬もパーティーに堂々と着ていけます。結城紬は柔らかいブラシでほこりを払うだけで生き返るので、旅先での扱いが楽。

《大島紬》
 軽いことにかけてはナンバーワン。単衣仕立てにしておけばどんな気候にも対応できます。暑い国はもちろん、肌寒い国でも重ね着でおしゃれが楽しめます。
 小紋と大島紬を二枚重ねて着て出掛け、現地で一枚ずつ着るという着こなし方もあります。大島紬は汚れも割合簡単に拭き取れるので、神経質にならなくても大丈夫。 

《木綿の着物》
 良質の木綿は旅行着向きですが、皺になりやすいので、脱いだら霧を吹いてきちんと畳んでおく必要があります。そうしておけば、次の日も気持ち良く着ることができます。  

《対丈の着物》
 本来着物は、おはしょりがある方が着崩れしにくいものですが、太鼓結びに自信のない人は対丈の着物に細帯の組み合わせをお勧めします。着付けも楽なうえ、ベルトポーチやショルダーバックともよく似合って気軽に街を闊歩できます。

《細帯や半幅帯》
 旅を楽しくする一つは新しいおしゃれの発見。ディナーの招待などの改まった席への出席以外は、思い切ったファッションセンスでおしゃれを楽しみましょう。
 細帯を自在にリボン風に結んだり、半幅帯を男性のように角帯風に結んで低い草履を合わせるなどと変化をつけるのも一興です。










 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物