京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


着物の種類とT.P.O
訪問着 付け下げ 色無地 小紋


訪問着

訪問着
(絵羽模様の社交着、幅広く着られ、紋を付ければ準礼装)


 訪問着は洋装のローブモンタント、アフタヌーンドレスと同格で、昼間の第一礼装です。礼装のしきたりでは通常服とされ、ヴィジティングドレス(訪問服)とも同格で、訪問着という名前の由来はここから来ています。日本では、洋装の場合でも礼装のしきたりはやや自由に考えられ、晩餐会や夜会にも昼の第一礼装のドレスを着ることがあります。同じように、和服の訪問着も社交着として、結婚式、表彰式、パーティ、年賀、見合い、結納、茶会、目上の方を訪問するときなど、たいていの場に着て行くことができます。

 また、訪問着には未婚、既婚の区別はありません。つまり、留袖、色留袖、振袖に代わる略礼装なのです。

生地は、縮緬、綸子、紋意匠、紬等。模様は、胸から肩、袖から袖付け、上前の衽から脇、背縫いにかけて、体を巻くように続く絵羽模様です。絵羽模様をつけるには、まず白生地を袖丈、身丈に裁ち、着物の形にざっと仮仕立てをします(羽縫い)。この仮仕立てをした着物に模様の下絵を描き、ほどいて再び反物にしてから友禅染めや臈纈染めなどで、下絵の模様通りに染めます。 

模様は古代衣装の写しや草花の古典柄をはじめ、抽象的な現代柄まで実にさまざまで、染色作家の豊かな個性を活かして描かれています。

 ちなみに、訪問着に紋を付けて準礼装にする場合は、昔は三つ紋が正式でした。現在は一つ紋にする場合があります。一般に染め抜紋にしますが染め抜きができないときは縫い紋を付けます。
 裾回しは表地と同じ生地にし(共の引き返しといいます)、表の模様に関連のある絵柄を染める場合があります。

 礼装の場合、昔は下着といって着物と同じものを作り、二枚、三枚と重ね着にしました。が、現在は比翼仕立てにしたり、伊達衿を付けて簡略化しています。これらの色は、着物と同色か薄色が上品、濃色や柄物は華やかになります。
 袖口や振りから見える長襦袢は意外と目立つもの。着物の表地によく会う色を選びましょう。殊に、白地や薄色の訪問着は長襦袢の色が映らないように注意し、着物より薄い色の襦袢を合わせます。一般向けの長襦袢には、綸子の無地ぼかしなどが無難です。個性的な絞りや柄物の長襦袢は、なかなか着こなしが難しいものですから、着物通の方に相談して選びましょう。
 半襟は改まった場所には白。パーティなどには色物に刺繍や箔入りの華やかなものも引き立っていいでしょう。 

 帯は袋帯や織りの名古屋帯、綴れなど。帯揚げは絞り、ぼかし、箔置きなど。帯締めは組み紐や宝石入りの帯留めをその場に応じて使いわけします。扇子を持つときは、黒か色物の骨のものを。ハンドバックは小型でおしゃれな形にし、草履は訪問着か帯の地色に合わせた色を選び(金銀の配色もよいでしょう)、錦やエナメルのやや踵の高いものにします。




付け下げ

付け下げ 訪問着の略式。
小紋よりはよそ行きの気軽な社交着


 付け下げは訪問着の代わりに着ることができる社交用の着物です。着て行ける場所は、結婚式、表彰式、年賀、初釜、さまざまなパーティなどで、訪問着と少しも変わりません。 けれども、訪問着に比べて模様が少ないので華やかさに欠け、少々地味に見えることがあります。そのため、生地や染色に工夫をこらしたものが多く、かえって着物通の方には喜ばれているようです。また、控えめな模様どりは茶席の着物に向き、茶人の着物として重宝されています。

 なかには、かなり砕けた模様のものもありますが、小紋よりはよそゆきで気軽な社交着として考えるとよいでしょう。

 そもそも付け下げができたきっかけは、第二次世界大戦中のこと。戦時下で、華麗な訪問着の着用が禁止されたため、派手な絵羽模様の代わりにと作り出されたのです。縫い目で模様を外し、胸、肩、上前、後ろ身頃、袖の各所に柄を付け、その柄が前と後ろで逆さまにならないように付け下げたので、この名が付けられました。

 肩を境に前後の柄を上向きにするには、白生地の反物に身頃の各寸法を記し、絵羽仕立てにしないで着尺のまま染めます。それで付け下げ着尺とも言います。本来、付け下げは手描き染めでしたが、型染めも出ています。

 要所にしゃれた絵柄のポイントがある付け下げは、戦後、大変人気が出ました。さらに、上前の衽と前幅の縫い目で模様をつなぐようになってからは、パーティにも着て行ける華やかな着物として、大流行しました。

 最近では、結城紬や大島紬をはじめ、作家が製作する草木染め紬などにも付け下げの絵柄が目立ちます。これらは、着物通の方たちのお洒落着として、観劇や気軽な訪問に着られています。その他、絞り染めや刺繍を駆使した特殊なものもあり、付け下げは種類が豊富なので、四季の変化に応じ、そのときの気分に応じ、多彩な色柄が楽しめます。

 紋をつけるときは一つ紋が多く、染め抜紋よりも縫い紋が多いようです。紋は細線で描く陰紋にし、縫い糸は金糸、銀糸、色糸を好みで選びます。陰紋は略紋になりますから、着物の格式は略装になります。紋の表現で正式と略式の区別がつけられるのも、日本的な伝統の生活習慣です。

 付け下げに合わせる帯は、格式により袋帯や名古屋帯など。帯揚げは絞りやぼかし、無地のもの。一般に帯締めは組紐ですが、宝石類の帯留めを用いることもあります。

 襦袢は着物に合わせた色物を用います。着物の地色が濃い色のときは、友禅染めや多色使いの絞り染めなど。訪問着に準じた着こなしをする場合には、襦袢も訪問着のときと同様にします。草履は付け下げの格しだいで色や高さを選び、改まった席には小型のハンドバックと扇子を持つようにします。付け下げは自分の好みのお洒落が楽しめる着物です。




色無地

一色無地染めの着物。
紋を付けて吉凶両用の準礼装・略礼装に


 色無地は多彩な模様染めとは違い、用途によって着分けることができる利用範囲の広い着物です。紋を付けると格式が高くなって改まった装いになりますし、帯を替えればお洒落着にもなる便利な着物です。

 特に人生の節目となる大切な時期に、色無地は身にまとわれます。例えば、花嫁の白無垢、還暦祝いの紅衣装、喪服の黒無地などです。殊に不祝儀には、黒無地五つ紋付きが正装とされています。

 他に、かつて女子学生の卒業式には、黒か色無地の五つ紋に袴姿が式服でした。現代でも、茶席では色無地紋付き(主に一つ紋)が中心で、茶人は一番に色無地を誂えると聞きます。また、入学式、卒業式、七五三、見合いなどに列席する母親には、一つ紋の色無地がことのほか便利です。慶事ばかりではなく、地味な色無地ならば、黒無地の帯を締めて通夜や法事にも出席できます。

 生地は、一越、二越、三越、紬縮緬や紬などの地紋のないものと、綸子や紋意匠のように地紋のあるものが使われます。黒無地の喪服の場合は、地紋のない羽二重(関東)か縮緬(関西)になります。
 色無地に使われます地紋はたくさんありますが、吉凶両用には流水、雲、波や有職文様のもの。吉事専用は吉祥文様、凶事専用には梵字など仏事にちなんだ文様を用います。当然のことですが、明るく派手な色は吉事に、暗く沈んだ色は凶事に、両用の場合は紫、緑、藍、鼠などから選びます。

 色無地をフォーマルやセミフォーマル用に着るならば後染めの生地を、街着や日常着には先染めの物を使います。
一般に、色無地に一つ紋を付けると略礼装になります。三つ以上の紋にしますと、紋のない訪問着より格が上の準礼装になりますから、吉凶の用を考えて紋数と色を考えましょう。また染め抜紋が正式ですから、色を染める前に紋の指定をしておきます。
 色無地の着物を作るときは、用途によって裾回しにも気を使います。正装用には、表生地と共布か共色に。洒落着には、模様染めや柄物の裾回しで遊ぶのも楽しいでしょう。
 帯や小物のコーディネート次第で、色無地の格が決まります。袋帯を締めると重々しい格調が出ますし、名古屋帯は着物姿が軽やかになります。帯揚げは帯の格に合わせて絞りや無地、ぼかしなど。基本的に帯締めは組紐ですが、宝石類の帯留めをする場合には小型のものを。襦袢と半襟は、正装や喪服には白。外は色物や柄物でもかまいません。草履やバックは着て行く場所と色無地の格に応じて決めます。
 一枚の着物が着こなしで幾通りにも変化するのが、色無地の着物の魅力です。


色無地の生地・色・地紋

  まずは色無地を一枚、と言われるほど必ず求められるのが色無地の着物です。最初に買う一枚は、どうしても祝儀・不祝儀両方に使えるものをという選び方をしがちですが、そうすると中途半端になってしまい、結局、一度も手を通さないというケースも。それではかえって不経済なので、祝儀・不祝儀にこだわらず、顔映りのよい色を選ぶことが色無地を買うこつです。

(祝儀の色無地)
 生地は綸子縮緬、紋意匠縮緬、緞子地などの艶のあるものが最適です。また、金・銀の糸が織り込まれたものも祝儀にふさわしい素材と言えます。
 祝儀用色無地の地紋には、鶴、亀甲、松竹梅にちなんだ吉祥文様、有職文様(古代から公家階級の人が使った文様)、名物裂文様(茶人や俳人が好んだ文様)、山紫水明の風景模様、御所解き模様、おめでたい道具模様があります。色は明るく華やかな染めのものが基本ですが、濃い色でも華やぎのある色を選びます。年齢にこだわらず美しい色を選びましょう。

(不祝儀の色無地)
 通夜、告別式、年忌、法要、供養と不祝儀の着物を着る機会は意外とあるものです。お茶をしている方は、お茶会での法要などが加わるので不祝儀の着物を着る機会は一層多くなります。その場合、告別式以外は黒にこだわる必要はありません。古代紫、濃紺、藤ねず、抹茶色、鴬色、焦げ茶、白茶、灰色、藍ねず色などの赤みのない色でかまいません。染め抜紋(一つ紋でよい)をつけておけば、一生準礼装として着ることができます。

 生地は艶のない一越縮緬、変わり無地縮緬、紋意匠紬地、羽二重が用いられます。地紋は流水、雲、霞などのほか、小柄な有職文、名物裂文も不祝儀用になります。

 また、シンプルな色無地は、飾り紋をつける、色重ねを楽しむなどセンスが発揮でき、利用範囲も広い着物です。




小紋

型染めの着尺地・お洒落着として楽しむ着物

 訪問着や付け下げを着て行くほどではないけれど、ちょっとお洒落をしたいときに、小紋はとても重宝します。例えば、初詣、クラス会、誕生会、日曜日の外出、月釜の茶席、仲間との食事に向く着物です。若い方の場合、小紋は目上の方からの招待や、セミフォーマル・パーティなどに着る晴れ着として最適でしょう。

  小紋の中でも、江戸時代に全盛を極めた、江戸小紋は格式の高い着物です。その中でも武士の裃に染められた極小柄は、紋を付けると一般の小紋よりずっと格式が上がり、場合によっては訪問着や付け下げよりも格が高いと見なされます。
 明治時代に入って染色技術が発達し、多彩な染め方ができるようになると、小紋の需要はどんどん増え、華やかな着物として大流行しました。

 京都で染められる京友禅小紋、金沢で染められる加賀小紋、東京で染められる江戸小紋と東京小紋など、それぞれの特徴を生かした味わい深い小紋です。外に趣味の着物として、紅型染めや更紗染めの小紋、越後型小紋などが定評があります。

 生地は一越縮緬が一般的ですが、友禅小紋は地紋のある綸子に染められるものが多く、多彩なうえに光沢があるので、華やかな晴れ着の雰囲気が出ます。紬地などに渋い色彩で染めた民芸風小紋は、若い方の知的な装いに最適です。

 一般に小紋は型染めですが、手描きで染めるものもあります。手描きの小紋は手描き友禅と同じ方法で染め、反物全体を縞や散り模様で染めた秀逸な着尺地も作られています。

 小紋のようなお洒落着は、帯や小物のコーディネートでさまざまな着こなしが楽しめます。袋帯を締める場合は、単彩で箔織りの帯や綴帯。少しくだけて名古屋帯なら、錦織や染め帯を。紬地の小紋には、袋名古屋帯(八寸)を合わせるとよいでしょう。伝統的な組み合わせでは、染めの着物に織りの帯を合わせたものですが、最近は染めの着物に染め帯で柔らかく装うことも多くなりました。

 帯揚げ、帯締め、草履などは、小紋の格に応じてあわせ、着物姿がちぐはぐにならないようにし、これらの小物の色彩で全体を引き締めるようにコーディネートします。







 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物