京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


振袖とは
振袖とは 振袖一式 結び方 十代の振袖


振袖とは

未婚のお嬢さんの第一礼装、
最近は場によっては既婚女性も
 

 振袖は、女性が一度は憧れる着物です。現代的なお嬢さんも振り袖を身にまとうと、どことなく奥ゆかしい気持ちになっている自分に気が付くのではないでしょうか。
 華麗で袖の長い振袖は未婚女性の第一礼装です。袖丈は数種類あり、袖が長いほど格調が高く、改まった感じになります。大振袖は花嫁衣装、振袖は花嫁のお色直しや成人式、謝恩会、新年会、結婚披露宴、中振袖なら初釜やパーティ、軽い晴れ着感覚の小振袖は茶会、気軽なパーティ、外出着に最適です。
 実際の袖丈は、大振袖三尺三寸(125センチ)、振袖三尺(114センチ)、中振袖2尺5寸〜2尺6寸(95〜99センチ)小振袖2尺〜2尺3寸(76〜87センチ)程。袖が長いため、振り袖は一反では作れません。振り袖用の長尺ものを選ぶか、二反(一疋)で一着にしたりします。生地は、縮緬のほかに綸子、緞子、紋意匠など艶のあるものが多く、吉祥文様の地紋が大小さまざまに織り込まれ、大変手の込んだものです。
 振袖ならではの総模様(絵羽模様)は、仮仕立てをして模様を付けるので縫い目と関係なく自由に描かれ、まるで一幅の絵のようにおもえるほどです。山紫水明の風景や可憐な草花の古典柄をはじめ、現代的なモダンなものまで、実にさまざまな模様がありますから、趣味や個性に合わせて選ぶ楽しみも出てくることでしょう。
 こうした豪華な模様を生み出す技法は、それこそ多種多彩。元禄時代に名匠宮崎友禅齋が創始した華麗な友禅染めを筆頭に、絞り染め、臈纈染め、箔置、型染め、刺繍など、日本独特の伝統技術を駆使して染められた振袖は、染繍工芸の粋を集めた美術品とも言えるでしょう。
 ちなみに、紋は本来、礼装用には五つ紋を入れますが、三つ紋、一つ紋の略式でも、社交用として無紋でも差し支えありません。
 そもそも振袖の始まりは、室町時代の小袖といわれています。次の桃山時代に大流行した辻が花染めなどの技法で、小袖は華やかな着物に発達。平和が続いた江戸時代あたりから、袖丈が徐々に長くなり、絢爛豪華な振袖が誕生しました。
 本来白や薄色の下着を着て二枚重ねにしましたが、今は比翼仕立てか伊達襟を用います。半襟は白か刺繍衿。長襦袢は紅色や無地かぼかしの色物。帯は格が高くて豪華な錦織の丸帯か袋帯を締め、総絞りの帯揚げ、丸ぐけや太い帯締めを。草履は金銀糸を織り込んだ布製か金銀をあしらったエナメルなどで踵の高いもの。ビーズ、布地などの小型のハンドバックを合わせ、扇子は白地に白骨、色地には色骨か黒骨にします。
 結婚後も袖を詰めず、振り袖を着つづけることを常振袖といいます。最近の傾向として、パーティなどで既婚女性の振袖姿をよく見かけます。




振袖一式 

振袖一式これだけ必要です

着物と帯のバランスを考えて

多種多様にある振袖の中から、自分に似合う着物を選び出すのは大変なことですが、一式そろえるのは楽しいことでもあります。始めに予算を決め、自分の好みをはっきりさせてから、振袖、帯、小物にいたるまでを同格のもの、つまり同ランクのものでそろえることが大切です。振袖だけ高価な物にして、他はちょっとというのでは、せっかくの晴れ着も台なしになってしまいます。

☆振袖
生地、染め、箔、刺繍などの仕上げ加工の多少で価格の差があります。必ずしも価格の高いものがよいということではないので、着る目的をはっきりさせ、予算を決めておくことが大切です。

☆帯
昔は、着物より一段上等の品を選びましたが、最近では同格の品で色、柄の調和が第一。

☆長襦袢
 綸子の無地かぼかしが無難。上等の振袖には絞りの長襦袢を合わせます。半襟も一緒に揃えることを忘れずに。振袖に合わせて仕立てます。

☆長襦袢
 綸子の無地かぼかしが無難。上等の振袖には絞りの長襦袢を合わせます。半襟も一緒に揃えることを忘れずに。振袖に合わせて仕立てます。

☆伊達襟
 比翼襟ともいいます。振袖の下着になる襟飾りなので、振袖が黒地の場合は白か紅。色地の場合は好みの色にします。着物の色の濃淡で合わせると上品になり、補色にすると派手になります。2枚、3枚と重ねてもおしゃれです。

☆帯揚げと帯締め
 帯揚げは背抜きの絞りはお太鼓用で、変わり結びをする場合は総絞りに。帯締めは太めの打ち紐か丸組。帯留めを付けるなら3分紐です。

☆必要な小物
 肌着、裾よけ、帯板(帯結びにより大・小2枚)、帯枕、腰紐、伊達締め(伊達巻き)腰座布団などは薄色のものを。足袋は四枚か五枚こはぜ。足袋カバーも忘れずに。草履とハンドバックはセットの一組は便利ですが、着物に合うものを。







 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物