京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


留袖について
黒留袖 色留袖



黒留袖 

手黒留袖はミセスの第一礼装、
五つ紋の付いた黒地裾模様

 黒留袖とは、黒地の着物の両胸、背、両外袖の五カ所に、代々伝わる家紋を染め抜き、裾模様を付けた祝儀のための着物です。振り袖の長い着物を切って詰める、つまり「袖を留めた」着物は、既婚女性を表しています。
裾に付いた模様は、松竹梅、鶴亀などの吉祥模様、有職模様、正倉院模様、御所解模様など。ヤングミセス向の裾模様は柄の位置が高く、年配になるにつれて低くなります。生地は一越縮緬(しぼが小さく、堅く織った縮緬)で、共八掛(裏地の裾部分が表地と同じ生地)が付いています。
 黒留袖を着るのは、結婚式や披露宴に列席する新郎新婦の母親、仲人婦人、そして親族の既婚女性です。大正4年の皇室令で儀式の服装が規定され、一般人も準じるようになりました。黒地が選ばれたのは、黒は色が変わらないから。婚家に入ってから色を変えない誓いとされ、婚家に留まる意味で、留袖と呼ぶとも言われています。
 本来、留袖は白羽二重の着物(下着)を重ねて着ましたが、現代では、着やすくするため比翼仕立て(襟や裾を二枚重ねたように仕立てる方法)にします。
 帯は、丸帯か袋帯を合わせ、帯揚げ、帯締め、半襟、長襦袢、足袋は白。必ず金銀扇面、黒骨の扇子を持ち、ハンドバックは、錦やビーズ製などで小型を、草履は錦製または白や金銀の革製で単純な形を選びます。
 華やかさを演出するため、帯留めや髪飾りにダイヤ、真珠、珊瑚、翡翠などの宝石を用いることもあります。


黒留袖コーディネートのポイントは柄合わせ

  留袖には丸帯か袋帯のどちらかを合わせます。丸帯は帯幅の二倍幅におられた錦織の帯地で、帯の模様が全体に繰り返される連続模様で織られている豪華なものです。締めるときは帯は場の半分(30センチ)に仕立てて使用します。
 それに対して袋帯は、丸帯の半分幅で織り上がっているもので、帯の柄は表だけにあり、裏は無地になっています。表も胴の一巻分は無地なので、表裏に紋織がある丸帯に比べて締めやすく、しかも軽いため、最近は袋帯を合わせることが多くなりました。
 留袖と帯との図柄の組み合わせは、それぞれの柄を尊重することが大切です。例えば留袖の柄が格式のある重々しい柄のときは、その格式に合う有職文の帯を。外来模様のときには、洋風な華文の帯を。また風景模様のように趣のある柄のときには、やや軽やかな動きのある柄の帯を、という具合にコーディネートします。
 このように品格を十分に考えて組み合わせると、美しい調和の取れた、品格のある装いになります。
 また、足りないものを足し、さらに大きな絵を作るという組み合わせがあります。例えば、鶴が飛んでいる模様の留袖に、雲や霞などの空の模様の帯を合わせて、一幅の絵に。亀甲の帯を合わせて鶴亀に。また、老松の帯を合わせて松と鶴にするなどです。きものと帯で柄のテーマをそろえる方法です。

 黒留袖のような格式を重んじる着物であっても、このように詩の心を組み合わせて装うことができます。平凡な詩が生まれるか、センスのよい詩が生まれるかは、きものと帯のコーディネートでいろいろ表現することができます。奥ゆかしい着こなしをするためにも幽玄を理解する気持ちを養いたいものです。
 さらに、どなたにも分かりやすい、優しい組み合わせ方に、着物の柄を帯の柄に繰り返し強調する合わせ方があります。例えば、留袖に大きな扇面があれば、帯には小さい扇面の柄を選ぶという方法です。最も無難で、かつすっきりとし、時には個性的でもあります。 このようにさまざまな組み合わせ方がありますが、忘れてはならない基本に格の調和があります。黒留袖の価値と帯の価値を同格にしたうえで、前述のような色や柄にこだわった組み合わせにします。落ち着きのある品位の高いコーディネートはあくまでも同格の着物と帯を合わせることです。
 そして最後の仕上げとして、重ねて着る下着(又は付け比翼)の純白はもとより、半襟、足袋の白、金銀の扇子に、金彩の施された帯締めや草履、ハンドバックなど、小さい装飾品にも気配りをして整えましょう。




色留袖 

色留袖は未婚者も着る第一礼装、
紋の数で着用範囲が広がります。

 色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性も着られる祝儀用の第一礼装です。生地は地紋のある綸子や紋意匠、照りのある緞子が使われ、黒留袖と同じように格調の高い裾模様がついています。
 正式には五つ紋が付けられますが、略式の三つ紋、一つ紋のものもあります。黒留袖に比べると色ものの持つ優しい雰囲気が訪問着に近いので、むしろ紋の数を減らして、広範囲に着ることを考えてもよいでしょう。実際、結婚披露宴だけの出席、さまざまな祝賀会や茶会、パーティには、一つ紋の色留袖の方が多く見受けられます。結婚の支度の場合でも、さしあたって黒留袖の着る予定の無いときは、色留袖を用意することがあります。後日の挨拶まわりでも色留袖を着ることができるからです。
 特別な場合ですが、注意したいのは、叙勲の式や晩餐会で宮中に参内するときです。皇室のしきたりでは黒色が忌み色になっていますので、黒留袖ではなく五つ紋付き色留袖が正装になります。
 黒留袖と同じように、以前は白か同色の下着を重ねて着ましたが、いまは比翼仕立になっているものがほとんどです。略式の一つ紋には比翼を付けずに仕立て、白や同系色の伊達襟を用い、着こなしを楽しむのもいいでしょう。扇子を持ち、小物のコーディネートも黒留袖と同じですが、パーティなどでは、白色の代わりにきれいな薄色を用いても素敵です。優美で華やかな色留袖は着る方を引き立て、会場も明るくなってよいものです。







 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物