京染呉服、手染、呉服店山加希

 
京呉服の山加希
お店のご案内 お着物まめ知識 礼法あれこれ 掲示板 個性心理学 今月のお着物 京呉服 山加希ホーム


友禅について
手描き友禅 京友禅 加賀友禅 江戸友禅


手描き友禅

 手描き友禅とは、花鳥風月や室内装飾などのあらゆる題材を模様化し、色彩豊かに染め上げた絵画的な模様染めの手法のことを言います。女性の衣装の中で、手描き友禅の着物ほどあでやかな色の物は少なく、またここまで繊細で緻密な技巧の物もないでしょう。この手描き友禅こそ、日本が世界に誇ることができる染織芸術の一つだと言えます。

 日本独特の友禅染めは、今から約300年前の江戸時代の元禄期のころ、京都祇園に住んでいた扇絵師の宮崎友禅齋が創始したと言われています。友禅染めの名称は、彼の名前から採られています。友禅齋の経歴は不明ですが、出身は能登、金沢に出てから京都で扇絵師として生計を立て、同時に衣服のデザインをしていました。
 江戸時代の文献によると、当時から、友禅で染められた着物はもてはやされていて、実際に友禅雛形(着物の柄見本)の本も残されています。紅地に束ね熨斗文様の振り袖が京都国立博物館に国宝として保管されていますが、その比類のない美しさは実に感動的です。 宮崎友禅斎の晩年は加賀に戻ったとも伝えられ、現在の墓所は京都と金沢の2カ所。そのため、友禅は京友禅と加賀友禅のいずれも始祖と呼ばれています。

 では、この友禅染めは、どうして大流行したのでしょうか。その理由の一つは、友禅染めではじめて華やかな色柄の着物が染められたからと言えるでしょう。それまでの染色技術では、日本画のような自由なデザインや多色染めはできにくかったのです。
 染め物は、生地に色をにじませてさまざまな模様を描いて行きます。ところが、ただ模様を描くだけでは、隣の色同士が混じってしまいます。鮮明な模様にするには、一色一色の区別をはっきりさせる防染方法が必要なのです。桃山時代には、一珍糊(小麦粉、糖、塩を混ぜた糊を防染に用いましたが、友禅斉は小麦粉をもち米粉に換えた友禅糊を発案。その結果、多彩な手描きの模様染めが自由自在にできるようになりました。
 手描き友禅染めの方法は、まず生地に青花(露草を絞った青汁)で模様の下絵を描き、その線を友禅糊で隈取ります。友禅糊を入れた筒から糸のように細い線で隈取るので、糸目糊を引くといい、ここから糸目友禅という言葉が派生しました。この後、色挿しをし、模様に伏糊をし防染してから地染め、蒸して染料を生地に定着させ、水洗いで糊を落とし、乾燥させて仕上げます。最近では糯米の糊のほかにゴム糊を用いることも多くなりました。 現在でも、手描き友禅染めは京都、金沢、東京の三大都市で伝統が守り続けられています。ただ明治以降は、写し糊(染料の入った糊)の発明と型紙の発達で型友禅の全盛期に入り、前よりは手軽に友禅染めができるようになりました。この型友禅と区別するために、手描き友禅は糸目友禅、本友禅とも呼ばれます




京友禅

 京友禅の創始者は元禄時代に京都祇園に住んでいた扇絵師、宮崎友禅斎と言われています。それまでは絞りを主体にし、刺繍や箔を加えたきものが中心でした。友禅斎が創始した友禅糊(糯米粉を使用)は防染力に優れ、隣り合う色が混ざり合うこともなくなって、実に多彩な染めができるようになりました。そしてたちまち、日本画のような京友禅の美しさは、京都を中心に全国を風靡したのです。
 模様は京都四条の画風が主流で、繊細で華麗な装飾画が基盤になっています。また、当時は御所解き模様(御所の女官や公家の姫たちが好んだ衣装の模様を簡略化したもの)が流行し、御所車、桧扇、花車、花熨斗、投扇興、立湧、鳳凰、桐、桜、薬玉など、御所好みと称される有職模様があしらわれました。
 京友禅は遠目に見てもはっきり分かる大模様が多く、加賀友禅より伸びやかな調子で描かれています。また、京都は絞りが発達したところだったことから染め疋田(手描きの絞り模様)ができ、模様の一部に入れて一段と豪華な表現がとられました。刺繍や金銀の箔使いも華やかな京友禅の特徴の一つ。

 色挿しは、模様の中心を濃くして外側に向けて薄くする手法と、全面をむらなく染める手法とをバランスよく配置します。中でも、紅挿しは京友禅特有の美しい表現です。
 古くから京都の染色業界では徹底した分業制度がとられ、それが高水準の着物を作り上げてきました。例えば、意匠の考案、青花の下絵、糸目糊置き、色挿し、伏糊、地染め、蒸し、水元(布の水洗い)、それに絵画と染色の両方に卓越した技術をもつ模様師、金彩師、刺繍師など、およそ20種の専門職の技が一枚の着物に凝縮しているのです。

 また京都の染色会で重要な役割を担うのが悉皆屋。これらの業種を取りまとめ、最初から最後までの全工程をプロデュースします。
 明治時代になると、染色界にも改革が起こり、京都で写し糊が考案されました。写し糊とは、染料を加えた色糊です。防染と染着を同時にできるこの写し糊を使ってはじめて、型紙による写し型友禅が作られました。型紙は、衽、袖、身頃、襟の7枚を彫りますが、友禅模様の一色につき一枚の型紙を作ります。そのため、30枚、40枚と、染める色数によって、型紙の数が多くなります。

 それでも写し型友禅は量産ができて価格が抑えられるので、七五三、成人式の振り袖、留袖など、手軽に求められます。
 現在、京友禅と言った場合、手描き京友禅(本友禅)のほかに、この型友禅をさすこともあります。
 明るく華やかな雰囲気の京友禅は、一層女らしさを際立たせることでしょう。




加賀友禅

 かつて加賀には「加賀梅染め」「黒梅染め」と呼ばれた染めがありました。これは、楊枝糊の技法(桃山時代から行われていた糊置きの技術)を用いた模様染めで、加賀の代表的な染め物でしたから「御国染め」とも言われていました。
 この楊枝糊の技法とは、まず竹楊枝の先端に糯米糊を巻き付け、模様の輪郭や直線、曲線をそのまま描きます。これが防染糊の役目を果たします。次に色挿しをし、梅皮渋で地染めをしてできあがりです。

 また、加賀特有のものに、五所紋(現在は加賀紋と言います)と名付けられた色挿し紋があります。友禅染めの大きい紋で、各家の紋を中心に置き、その周囲を図案化した松竹梅や竜田川に楓などで飾り、友禅の筆法で染め上げたものです。あるいは、牡丹に唐獅子などを家紋の代わりにし、友禅染めで染め抜くものもあります。
 この加賀独特の楊枝糊や五所紋などの手法を、加賀友禅の原点と考えてもいいでしょう。 一方、友禅染めの始祖であり、加賀に出没したという説がある宮崎友禅斎は、晩年、加賀藩の紺屋頭取だった太郎田屋に寄寓していたと伝えられています。実際、友禅斉の作と言われる友禅染めの掛け軸が、国宝として太郎田屋に残されています。
 このように、加賀友禅と友禅斎は深いかかわりがあるとされています。そのため、加賀の御国染めに京友禅の技法を合わせたものが、現在の加賀友禅の起源ではないかと考えられているのです。事実、京友禅と加賀友禅の基本的な染色方法は、少しも違いがありません。
 加賀友禅の模様の特徴は、自然の草花や鳥などを写実的な絵柄にすること。冬は雪に埋もれて暮らす北陸は、植物の花が小さく、虫食い葉が多いのです。加賀友禅ではそれらの自然の姿を美しく模様化しており、ことに木の葉模様に墨で「虫食い」の跡を描く表現は秀逸です。それに冬籠もりの長い生活だからでしょうか、室内調度品を写した模様も数多く描かれています。

 色彩に関しては、やはり加賀友禅の特色である「加賀五彩」(臙脂、藍、黄土、緑、紫)を使いますが、京友禅よりはやや暗く沈む色調です。
 「先ぼかし」の技法は、京友禅とは対照的で、花ならば中心を薄く、外側を濃く染め上げます。また一枚の葉や花びらの中で反対色をぼかし合わせて用いる珍しい手法は、琉球紅型染めににています。昔の加賀百万石の文化の交流を思わせる興味深い特徴と言えるでしょう。
 加賀友禅では京友禅に使われる金箔や絞り、刺繍など染色以外の技法は用いず、加賀五彩だけで染め上げるのも大きな特徴です。
 このような古典的技法ばかりでなく、糸目糊を引かない描き友禅の新技術も開発され、これからの加賀友禅は種種の手法を駆使して、新しい様式を生み出すことでしょう。




江戸友禅

 江戸友禅とは、東京で染める友禅のことを言います。「東京手書き友禅」の名で伝統的工芸品に指定されたのは、昭和55年。京都や金沢よりはるかに遅れた指定でした。
 文化や経済の中心が上方から江戸に移った1800年代の文化文政時代、大名のお抱え絵師が江戸に移り住み、浅草、日本橋、神田に家を構えたときから、江戸の模様染めが始まりました。また一説では、五代将軍綱吉の母、桂昌院が京都から友禅職人を呼び、江戸の模様染めを興したともされます。大奥御用の染めは、柳営染めと称されたそうです。
 このように、江戸で模様染めが行われていた事実はあるのですが、明治維新、関東大震災、第二次世界大戦での東京大空襲のために、江戸友禅の資料を失い、伝統的工芸品の指定が遅れてしまったわけです。

 江戸友禅(東京友禅)が京友禅と異なる点は、染めの技術システムにあります。技法自体は京友禅と同じですが、京都のように分業システムではなく、一人の友禅師がほとんどの工程を受け持ちます。模様師とも呼ばれる友禅師は、構図、下絵、糸目糊、色挿しまで行い、伏糊と蒸し、水洗いの分野だけは専門の業者に出します。
 この独自の江戸システムができた理由は、かつて京都から染めの職人が移り住んだとき、分業体制すべての人を移動させることは不可能で、一人で染める技術をもった職人が移ったから、と言う説もあります。

 東西の染めの個性の違いは、生活のあらゆる面での差から生まれたものでしょう。特に色彩の好みの違いには、はなはだしいものがあります。例えば、華麗な色彩を誇る京都に対し、江戸では藍と白のさっぱりした色使いが好まれます。
 ことに江戸友禅では、糊伏せした白場をそのまま模様の一部に生かす「糊の白上がり」の技法が重視されています。また、紅使いを少なくし、同じ赤でも洗い朱、さび朱などの渋い色合いを好む傾向があります。

 江戸友禅の代表的な模様は、磯の松や釣り舟、網干し、千鳥、東京湾沿いの風景等。江戸独特の模様、江戸解き模様は、江戸城内の奥女中衆が着た衣装が庶民に行き渡ったもので、必ず、水辺に葦、磯辺の民家や水車などの風景が描かれています。有職文様や御所車、冠などが草花の中に配された、京都の御所解き模様とは対照的です。
 江戸の留袖模様は、江戸褄模様ともいい、後ろ身頃は模様がなく、衽と前身頃の裾に模様を染めます。このように、万事あっさりとまとめるのを粋としました。また表地を無地や地紋のみにして裾回りに柄を染めたり、表地に波、裾回しに千鳥を染めるなど関連を持たせる工夫をし、裏に凝るのが粋とされました。
 留袖、振袖、訪問着の総模様より、色留袖や付け下げのほうに江戸友禅の佳作が多いのは、色柄の分量や配色がすっきりしてるからと言えるでしょう。




 
京呉服 山加希ホームお店のご案内お着物まめ知識礼法あれこれ掲示板個性心理学今月のお着物